*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬防御

 最近登場した武将でようやく馬隊円陣等の馬防御スキルを持っている
 武将が増え始めたので
 馬用の防御を一部隊組んでみようかと最近密かに考えていました。


 今まで、防御でも馬を使用していましたが、弓と馬の混成部隊で使っていた為
 馬防御だけで一部隊組むというのは私の中では初めてです。



 私の考える馬防御のメリット

 ①:素の防御力が高い(赤備え前提です)
 ②:速度の早い攻撃で「相性負け」しない
 ③:騎鉄攻撃を受けた際の避雷針


 大まかに言うとこんな感じです。


 ①の素の防御力が高い
 
 というのはそのままの意味で
 攻撃で使われる事が多いので、余り注目されていませんが防御力も
 3種の中では最高値です。



 ②の速度の速い攻撃で「相性負け」しない。

 と言うのに、関してですが
 距離1等、近距離からの移動速度がとても速い攻撃を受けることがあると思いますが
 兵種は「弓騎馬」「赤備え」「騎鉄」の3種に絞られます。


 それに対応するために、鉄砲を置ければ良いのですが、それが出来ない場合。
 馬部隊を設置すれば、これらの兵種のどれで来られても「相性負け」はしません。
 (騎鉄はやや負けですが)
 最近は弓騎馬を用いた攻撃も流行ってきている用なので、馬を置くと有利ですね。
 ただし、攻撃側が赤備えと騎鉄の場合はガッチリぶつかるので、被害は大きいですが
 陣を壊されたくない時などに置くと良いかもしれません。

 


 ③の騎鉄攻撃を受けた際の避雷針

 これも②と似たようなものですが
 騎鉄の攻撃を受けた際に、鉄砲・弓+槍か馬防御だったら
 槍と馬のスキルや実指揮数が似たような感じだった場合を想定すると
 避雷針は槍か馬かになるのですが
 素の防御力が高い分、馬防御の方が槍より被害が減らせると思います。

 騎鉄に対して弓はかなり強いので、弓を外すのは個人的には余りオススメできませんが
 馬にだいぶ弱いので、臨機応変ですね。





 馬部隊を作るときの注意ポイント


 ①:馬対応のスキルが少ない
 ②:軍師を出来る武将が少ない


 ①について

 馬防御に対応した武将が増えてきたとはいえ、馬対応スキルは種類が余りありません。
 一般的に狙える特スキルあたりは
 「馬隊円陣」「弓馬構え」「鉄壁」「真田丸」

 となっています。
 この中で、真田丸は一番狙うのに費用がかかる上に発動率も余り高くありません。
 後は、馬用に付けるなら、鉄砲用に付けてあげたら?と思ってしまいますね><

 となると、必然的に残りの3個の中から選ぶしかないのですが
 個人的には余り鉄壁というスキルは好きでは無いので
 入れなきゃいけない所に少し悲しさをおぼえます。



 ②についてですが

 槍部隊でもそうですが、軍師になれる武将が少ないです。
 そういう理由からも真田丸は余りオススメできませんね-。
 鉄壁や円陣等で手堅くやるの分には良いのかもしれませんが・・・。





 長々と書いてしまいましたが
 1部隊、暫定で作ってみました。






無題







 一部スキルがあれですが、まだ未完成ですので察して下さい><;

 槍1軍と弓1軍が丁度10コスだったので
 馬も10コスにしてみようと思って作ってみました。
 幸村と清正は余ってて、砲用にまた作るのもねー。
 と思って馬にしてみました。


 真田のお爺さんを使えば軍師になるのですが
 スキルが付いてないのと
 1.5コスで馬防御スキルを持っている武将が居なかったので辞めました><
 後は「綾御前」を「阿南姫」に出来れば良いのですが
 高いのでしばらく見送りです・・・。





 これを必ず使うというわけでは無くて
 状況に合わせて使うための選択肢の一つですね。

 相手の攻撃を読んでそれに合った武将を置くというのが
 防御の楽しみだと思っています。 





 何かの参考になれば幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Shima

Author:Shima
戦国IXA 1-8鯖でプレイしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。